关于ZAKER 一起剪 合作 加入

四国语言译报!截至 10 月 16 日 24 时江苏新型冠状病毒肺炎疫情最新情况

现代快报讯(记者 卢河燕)为了让在苏外国友人及时了解最新疫情发展情况,江苏省外办联合现代快报,在中文疫情通报的基础上,推出英语、日语和韩语三个语种的疫情通报。今日通报如下 : 10 月 16 日 0-24 时,江苏无新增确诊病例。

目前,在定点医院隔离治疗的确诊病例 4 例,接受医学观察的无症状感染者 4 例,均为境外输入。

2020 年 1 月 22 日至今,全省累计报告新冠肺炎确诊病例 1600 例(其中境外输入 148 例)。

专家提醒:当前疫情形势依然复杂,防控措施丝毫不能放松。德尔塔变异株具有传播速度快、体内复制快、转阴时间长等特点,对疫情防控提出更大挑战。每个人是自己健康的第一责任人,要继续保持良好卫生习惯,支持配合防控措施,共同筑牢疫情防控社会大防线。

一、增强个人防护意识。坚持勤洗手、戴口罩、常通风、少聚集、用公筷、分餐制等良好个人卫生习惯。一旦出现发热、干咳、乏力、鼻塞、流涕、咽痛、嗅觉味觉减退、结膜炎、肌痛和腹泻等症状,应及时按规范程序就诊,并主动告知 14 天活动轨迹及接触史。就医途中全程佩戴口罩,避免乘坐公共交通工具。

二、坚持非必须不出境、不去中高风险地区。密切关注国内疫情动态和中高风险地区变化情况,有中高风险地区旅居史的人员,请配合落实 14 天(自离开中高风险地区之日起)的隔离医学观察。中高风险地区所在市的低风险地区来苏人员,应主动向社区报告,并配合做好核酸检测。

三、坚持常态化疫情防控措施。在人员聚集场所、密闭空间内坚持佩戴口罩。在商场、餐厅、酒店、影剧院、体育场等公共场所,积极配合戴口罩、验码测温、一米线等措施。乘坐公共交通工具、电梯,在医院就诊时,有发热或患呼吸道感染疾病的患者,以及医疗卫生、交通运输等行业高风险暴露人员,应正确佩戴口罩。

四、积极接种新冠病毒疫苗。接种疫苗是预防新冠肺炎最好的办法,有助于建立群体免疫屏障,减缓并最终阻断疾病流行,保护个人和家人的健康。请按照社区或单位安排,严格按照免疫程序,按时依次接种疫苗。

Latest Update on COVID-19 Cases in Jiangsu as of 24:00 October 16

Between 00:00 and 24:00 of October 16, no new confirmed case was reported in Jiangsu.

At present, four confirmed cases are under isolated treatment at designated hospitals and four asymptomatic carriers are under medical observation, all inbound cases.

From January 22, 2020 on, 1,600 confirmed COVID-19 cases ( including 148 inbound ones ) have been reported in Jiangsu cumulatively.

Experts note that: We must remain vigilant in light of the complexity of epidemic control and the greater challenges brought by the Delta variant with fast spread and rapid replication in the human body and long time needed to turn negative. Everyone bears the primary responsibility for their own health. It is necessary for us to keep good hygiene habits, support and cooperate in taking control measures, and build a strong defense against COVID-19.

1. Increase awareness of personal prevention. Maintain good habits for health such as washing hands regularly, wearing a mask, ventilating rooms more often, reducing gatherings, using serving chopsticks, and dining separately. Seek medical treatment in line with regulatory procedures as soon as possible when symptoms such as fever, dry cough, fatigue, nasal congestion, nasal discharge, sore throat, reduced sense of smell and taste, conjunctivitis ( pink eye ) , muscle pain and diarrhea show, and inform medical staff of your whereabouts and contact history over the previous 14 days. Keep the mask on and avoid using public transport when seeking treatment.

2. Avoid unnecessary trips to overseas areas and medium and high-risk regions. Follow closely domestic dynamics of the virus and changes to medium and high-risk regions. Those coming to Jiangsu from medium or high-risk regions shall cooperate in conducting a 14-day ( starting from the date of departure from medium or high-risk regions ) medical quarantine in designated facilities. Those coming to Jiangsu from low-risk areas in cities of medium or high risk should inform their community upon arrival in Jiangsu and cooperate in conducting nucleic acid tests.

3. Maintain routine prevention and control. Keep the mask on, especially in crowded places with poor ventilation, cooperate in checking body temperature and keep a one-meter distance away from others when you are in public areas such as malls, restaurants, hotels, cinemas and sport stadiums. Properly wear your mask when taking the elevator, public transport and when going to hospitals where you may meet patients with fever or respiratory symptoms, and medical practitioners and transport practitioners in high-risk conditions should especially follow this rule.

4. Seek inoculation. Inoculation is the most effective way against COVID-19, and helps to build herd immunity, mitigate the pandemic ’ s impacts and end its spread, thus protecting your and your family ’ s health. Please take the vaccination on time and in order following the instructions of your community or employer as well as the inoculation procedures.

10 月 16 日 24 時現在江蘇省で新型コロナウイルス感染の最新情報

10 月 16 日 0 時から24 時までの間、江蘇省では海外からの入国した新型コロナウイルス肺炎 ( COVID-19 ) 新規確定患者がゼロと確認される。これまで指定病院で隔離治療を受けている確定患者は4 人、医学的観察から解除された無症状感染者は4 人、いずれも海外からの入国者と確認されている。

2020 年 1 月 22 日から今日まで、江蘇省で新型コロナウイルス肺炎の確定患者は累計で1600 人(そのうち海外から入国した確定患者は148 人)と確認される。

専門家からの注意喚起は次の通りである:

当面、新型コロナウイルス感染の抑制情勢は依然として複雑であり、少しも警戒を緩めることはできない。速い感染力、速い体内増殖そして陰性に回復期間が長引くというデルタ株に対し、感染予防抑制が更なるチャレンジに直面している。自分自身の健康の第一の責任者として、個人一人一人は、いつまでも予防意識で抑制対策に協力し、団結して感染症と戦う社会の防御ラインをしっかりと築き上げる。

一、個人の予防意識の強化。こまめな手洗い、マスクの着用、風通し、集会への控え、取り分け箸の使用、分食制などの良い個人衛生習慣を守る。発熱、空咳、倦怠感、鼻詰まり、鼻水、のどの痛み、嗅覚味覚の低下、結膜炎、筋肉痛、下痢などの症状が出たら、すぐ厳格な手順で受診し、14 日間の活動軌跡と接触履歴を知らせる。病院に行く場合、マスクを着用するうえ、公共交通機関の利用を控えること。

二、必要でない限り、海外及びハイミドルリスク地域に行かないこと。国内の新型コロナウイルス感染症の動向及び中高リスク地域の変化に深い関心を寄せ、ハイミドルリスク地域に居住歴のある方は、14 日間 ( ハイミドルリスク地域を離れた日より ) の隔離医学的観察に協力すること。ハイミドルリスク地域からではないのに、その所在市のローリスク地域から来た人でも、コミュニティーに積極的に報告し、PCR 検査に協力すること。

三、常態化の予防抑制措置を維持すること。人が集まる場所や密閉空間ではマスクを着用すること。ショッピングモール、レストラン、ホテル、映画館、体育館などの公共の場所では、マスクの着用し、検温健康コードの確認、1メートルの社交距離などの対策に積極的に協力する。公共交通機関やエレベーターを利用する場合や、病院で受診する場合、発熱や呼吸器感染症の患者さんや、医療交通運輸業界などで露出リスクが高い人は、マスクを正しく着用すべきこと。

四、積極的にワクチンを接種すること。ワクチンの接種が新型コロナウイルス感染症予防に最も効果的で、自分自身や家族、又は他人や社会に対しても最良の予防対策である。新型コロナウイルスワクチンの接種を通して高い接種率を維持し、集団免疫を獲得することこそ、拡大を食い止めることが実現できる。個人と社会の健康と安全のために、接種を受ける人はコミュニティーか勤務先の手配に従い、接種手順に基づき、時間と順番通りにワクチンの接種を受けること。

(编辑 陈海静)

以上内容由"现代快报+ZAKER南京"上传发布 查看原文
一起剪

一起剪

ZAKER旗下免费视频剪辑工具

一起剪

觉得文章不错,微信扫描分享好友

扫码分享

热门推荐

查看更多内容