关于ZAKER 融媒体解决方案 合作 加入

四国语言译报!2 月 26 日江苏无新增新型冠状病毒肺炎确诊病例

现代快报讯 为了让在苏外国友人及时了解最新疫情发展情况,省外办联合现代快报,在中文疫情通报的基础上,推出英语、日语和韩语三个语种的疫情通报。今日通报如下:

2020 年 2 月 26 日 0-24 时,江苏省无新增新型冠状病毒肺炎确诊病例。新增出院病例 31 例。

截至 2 月 26 日 24 时,江苏省累计报告新型冠状病毒肺炎确诊病例 631 例。其中,南京市 93 例、无锡市 55 例、徐州市 79 例、常州市 51 例、苏州市 87 例、南通市 40 例、连云港市 48 例、淮安市 66 例、盐城市 27 例、扬州市 23 例、镇江市 12 例、泰州市 37 例、宿迁市 13 例。

累计确诊病例中,在院病例 137 例。其中,轻型病例 11 例;普通型病例 121 例;重型病例 2 例(苏州市 1 例、淮安市 1 例);危重型病例 3 例(南京市 1 例、无锡市 1 例、连云港市 1 例)。

出院病例 494 例。其中,南京市 58 例、无锡市 45 例、徐州市 69 例、常州市 48 例、苏州市 59 例、南通市 37 例、连云港市 33 例、淮安市 50 例、盐城市 25 例、扬州市 17 例、镇江市 10 例、泰州市 32 例、宿迁市 11 例。

目前,江苏省追踪到密切接触者 12625 人,已解除医学观察 12246 人,尚有 379 人正在接受医学观察。

专家提醒:当前疫情形势依然严峻复杂。随着我省响应级别调整,各项限制性措施逐步解除,人群流动将逐渐恢复常态,暴露于传染源的机会大大增加,公众仍须注意加强自我防护。要继续保持防范意识,减少社会交流活动,减少不必要的人群聚集;家庭及办公场所要勤通风;出行时佩戴口罩,尤其是去往人群密集的公共场所时;要勤洗手,注意饮食卫生,养成健康的生活方式。

February 27 Update: No New Confirmed Case Reported in Jiangsu

Between 00:00 and 24:00, February 26, no new confirmed case of COVID-19 was reported in Jiangsu. 31 more were cured and discharged from hospital.

As of 24:00, February 26, 631 cases have been reported in Jiangsu accumulatively, 93 of which were in Nanjing, 55 in Wuxi, 79 in Xuzhou, 51 in Changzhou, 87 in Suzhou, 40 in Nantong, 48 in Lianyungang, 66 in Huai ’ an, 27 in Yancheng, 23 in Yangzhou, 12 in Zhenjiang, 37 in Taizhou, and 13 in Suqian.

137 confirmed cases are still under treatment in hospital, 11 of which are mild cases, 121 moderate ones, 2 severe ones ( 1 in Suzhou, and 1 in Huai ’ an ) , and 3 in critical condition ( 1 in Nanjing, 1 in Wuxi, and 1 in Lianyungang ) .

494 cases have been cured and discharged from hospital, 58 of which were in Nanjing, 45 in Wuxi, 69 in Xuzhou, 48 in Changzhou, 59 in Suzhou, 37 in Nantong, 33 in Lianyungang, 50 in Huai ’ an, 25 in Yancheng, 17 in Yangzhou, 10 in Zhenjiang, 32 in Taizhou and 11 in Suqian.

Of the traced 12,625 close contacts, 379 are still under medical quarantine and 12,246 have been released.

Experts note that the situation of epidemic prevention and control is still grave and complex. In spite of Jiangsu ’ s lowering the level of public health emergency response, it is still necessary for the general public to strengthen self-protection as the chance of exposure to infection sources increases with various restrictive measures lifted and normal population flow restored. It is essential to keep precautions in place, and reduce social activities and unnecessary crowd gathering; ventilate homes and offices; wear a mask when going out, especially to public places with dense crowds; wash hands frequently; pay attention to food hygiene, and develop a healthy lifestyle.

2 月 26 日付け江蘇省で新型コロナウイルス肺炎の新規患者数が0

2020 年 2 月 26 日 0 時から24 時までの間、江蘇省で新型コロナウイルス肺炎 ( COVID-19 ) の新規患者数が0、また全治して退院した人が31 人新たに増加したという。

2 月 26 日 24 時までの時点で、江蘇省では新型コロナウイルス肺炎の患者数は計 631 人と確認され、都市別には、南京市が93 人、無錫市が55 人、徐州市が79 人、常州市が51 人、蘇州市が87 人、南通市が40 人、連雲港市が48 人、淮安市が66 人、塩城市が27 人、揚州市が23 人、鎮江市が12 人、泰州市が37 人、宿遷市 13 人という。

これまでの確定患者には、137 人の在院患者のうち、軽症患者が11 人、一般患者が121 人、重症患者が2 人(蘇州市が1 人、淮安市が1 人)、重篤患者が3 人(南京市が1 人、無錫市が1 人、連雲港市が1 人)との報告を受けた。

一方、全治して退院した人が494 人にのぼるという。都市別には、南京市が58 人、無錫市が45 人、徐州市が69 人、常州市が48 人、蘇州市が59 人、南通市が37 人、連雲港市が33 人、淮安市が50 人、塩城市が25 人、揚州市が17 人、鎮江市が10 人、泰州市が32 人、宿遷市が11 人である。

これまで江蘇省では12625 人の濃厚接触者が確認されたうち、12246 人が健康観察から解除された一方、379 人が医学的観察を受けているところだという。

専門家は、当面の間感染状況が依然として複雑で厳しい情勢にあると注意している。江蘇省の緊急対応レベルの調整で、各制限的措置が次々と解除されるにつれ、人的移動が通常まで回復しつつあることになる一方、感染源にさらされるリスクが大きくなるため、一般市民としては個人的な予防対策の強化が求められる。具体的には、引き続き感染予防意識を持って社会集団活動不要の人込みを控え、住宅と職場では常に換気を行うこと。それに外出時、特に人込みが集中する公共場所に行く場合、マスクの着用のほか、こまめな手洗いと飲食衛生等個人的なエチケットを心がけるよう呼びかけている。

以上内容由"现代快报+ZAKER南京"上传发布 查看原文

觉得文章不错,微信扫描分享好友

扫码分享

热门推荐

查看更多内容